スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

TVニュースで取り上げられる!

  TVニュース  TVニュース

10月20日午後6時20分から7~8分、『あいなんからの祈り』がニュースでオンエアされました!
妻の実家で、オヤジさんと3人でニュース見ながらの晩酌です。

デジタル紙芝居製作中心の内容で、私自身が取り上げられていて、なんか恥ずかしかったです。
7~8分放送に延べ6時間も収録しました。 イベント準備も大変でしたが、その中での収録も
正直キツかったです(笑) とにかくオンエアされて良かった! PRバッチリ、イベントの締めくくり
ができた気がしました。

3人でニュース見ながら・・・
「俺も老けたねー、ダイエットしたのに顔パンパンやねー」とか
偶然にも知り合いが映ってたりして、大いに盛り上がりました。

オヤジさんと妻も映ってたし、当然録画したのですが、録画を1度再生し 見終わったあと、

   オヤジさん → 「もう1回見てもいいぞ、遠慮いらんから」
        私 → 「オヤジさん、もうええけん! ふつうの番組見ましょうや!」

多分、オヤジさんは自身が映ってるんで、自分が見たいだけだろうって思いました(笑)

笠井さんはもちろんのこと、Wさんのコメントがバッチリ収録されており、私としては大満足
ぱぱままさんが今回出逢われた女性の方たち、お嬢チャンも映ってましたよ。

コピーが出来次第、ぱぱままさん、Wさん、Yさん、Hさん、ご都合で18日朝 帰られたUさん、
笠井さん、CD贈らせていただきますね! ついでに8月放送された分もコピーしときます。 にこ

◆ ハセテックさん、デジタル紙芝居で画像使わせていただきました。
  デジタル紙芝居とニュースの録画贈らせていただきます。 いろいろ応援してくださって
  ありがとうございました。 今後もよろしくお願いいたします!

  8月放送分  8月放送分

8月放送分内容 ・・・ 笠井さんインタビュー・笠井さんがデジタル紙芝居製作現場に現る!

スポンサーサイト
  1. ◆あいなんからの祈り・・・日記
  2. TB(0)
  3. CM(2)

本懐を遂げる!

紫電改展示館

明日からファイナルイベントです! ついに“その日”がやって来ます。
17(土)あいなん郷土料理を囲んで 18(日)あいなん特産市 あいなんからの祈り記念セレモニー

昨年4月 イベント起案~ 6月 イベント準備委員会立ち上げ~ 7月 あいなんからの祈り実行委員会立ち上げ
9月~11月 イベント内容検討 12月 デジタル紙芝居脚本作成~ 年明け1月 イベント予算不足の悩み
2月~4月 記念パンフレット・ポスター・チラシの製作、 集客PR方法検討
3月 紫電改を伝えたい!あいなんからの祈りブログ開設

5月~6月 営業PR・・・初夏の飛行服コスプレはキツかった。
7月 特別展示開始(あいなんからの祈りスタート)  4~9月紫電改展示館集客好調!
9月 メインイベント予約状況不調の悩み・・・どん底  10月 スタッフ全員の頑張り!

イベント起案から1年半、いつか紫電改のイベントをと思って3年半、あっという間に月日が過ぎました。
なんか準備不足感が残ったままメインイベントを迎えるような・・・。なんか変な感じです(笑)
私にとっては、 『あいなんからの祈り』 難続きのイベントでした。
ホントにこれで良かったのかどうか? 今更ながら思いますね。

どうであれ、明日が来ます! このイベントに携わり、楽しさ・辛さ・プレッシャー・孤独感・仲間との一体感など
今までのこと すべて過ぎ去るんですね。 今日までの日々、長くもあり短くもあり・・・。

メインイベントでは、余計なこと考えずに “ただ踊るのみ”!
来てくださったお客さんに感謝、接客 頑張ろうと思います。
お気持ちがあったにもかかわらず、ご高齢のため また愛南町が遠すぎたため、今回のイベントに
参加できなかった方が、たくさんおられます。

18日は、近隣地域内外で様々なイベントがあり、多くの集客を望める環境ではないようです。
記念セレモニーは、ひょっとして空席が目立つかもしれません。
ですが、この空席は 来たくても来られなかった方たち、また30年前 紫電改引揚げを喜こんでくださり
紫電改を大切に思いつつ、今日までに亡くなられた方々のお席だと、私はそう思っています。


だから私は、堂々とメインイベントを迎えることができます!
全力で戦った結果だと。 もはや結果など念頭にありません。

今までに、多くの方々からご協力・ご支援・励ましの言葉をいただき、ついに明日・明後日と
晴れ舞台を迎えることとなりました。
私は、『あいなんからの祈り』 おかげさまで本懐を遂げさせていただきました。
ありがとうございました。 メインイベント頑張ります

  1. ◆あいなんからの祈り・・・日記
  2. TB(0)
  3. CM(8)

暗雲吹き飛ぶ!鎮魂の舞踊発表会

鎮魂の舞踊発表会

昨日、午後から休みを取って 妻と『鎮魂の舞踊発表会』を見に行きました。
18日の記念セレモニー ご出演の、宮川和扇 先生から ご招待券をいただいていたので・・・。

和扇先生は、プログラムのサブタイトルどおり、紫電改引き揚げ30周年記念に寄せての開催です。
本格的な踊りを見に行ったのは、生まれてはじめてでした。
会場は500人以上は来てました。 さすが! 動員力はスゴイ!

18日の記念セレモニーにお客さん分けてほしいくらいでした(笑)

発表会終了後、打ち上げ慰労会があったのですが、和扇先生以下 お弟子さん・スタッフさんら70名
での宴会です。

妻と二人、その宴会の席へ招待券のお礼と18日の集客陳情に出向きました。
流れで、ご一緒に会食することになり、ずーずーしく2時間もオジャマいたしました。(最後までいた)
場違いの二人なのに、私はススメられるままビール飲んで、妻はカラオケ歌うし・・・(笑)

良かったのかな? これで? お客さん来ますよね???

発表会会場で遺族会会長とお話でき、18日の集客状況について嬉しい言葉頂戴しました。
「記念セレモニーの予約がメンドクサイだけで、当日遺族会は最低でも100名は行くから・・・。」

我社の職員はもちろん、関連先も動いてくださってます。
和扇先生・四国民舞輪の会の皆さんのご協力で、何とか“カタチ”になりそうです

予約なしでのご来場は、駐車場の混雑が予想され、予約→駐車場所指定という流れをつくりたかった
のですが、ご年配のお客さんにとって予約がメンドクサかったようです。

希望的観測ではなく、必ずお客さん来そうです! なんか気分が晴れました 太陽2
「17(土)あいなん郷土料理を囲んで」は、勝利条件の100名は超えそうです ファイト
「18(日)記念セレモニー」も勝利条件の350名以上はクリアできそうです 笑

ただ予約なしで、記念セレモニーの正確な予想は難しいのですが、予約状況〓実際のご来場者では
ないことが判明しましたので、絶対ショボくならない雰囲気が出てきました 手書き風シリーズ矢印上

まだまだ気を緩めてはいませんが、とりあえず一安心です 照れ笑い
あとは、飛び込み来場者の駐車場受け入れ態勢をキッチリ作戦立てときます。

皆で戦ってる一体感を感じてます。 もうコケル心配は無用でしょう。 信じて自分の役割こなすだけです ファイト
“神風”が吹く前兆が見えてきました。 これで前向きな気分で当日を迎えられます


  1. ◆あいなんからの祈り・・・日記
  2. TB(0)
  3. CM(2)

神様に試されてる?

零戦21型と疾風

イベントの予約締め切りまであとわずか! 吉報を待つしかない。 締め切り後もイベント前日まで粘ろうと
思ってます。 早く締め切らないと、あとの段取りに影響しますが、あきらめきれない・・・。
最後までストレス抱えたまま、メインイベント迎えることになりそうです。

  零戦21型  疾風

なんで、好きな紫電改の仕事なのに・・・。 自分の能力以上に背伸びして頑張ってきたのに・・・。
今まで紫電改に賭けてきた、時間・情熱を考えると空しくなります。
予約状況を見て、正直イベント終了後は、もう紫電改に関わるのはヤメようと思ったことあります。

人間、努力だけではダメなんです。 努力が報われないと ヒネクレルんです!(笑)

じゃあ、イベントが報われなくて ホントに紫電改のことイヤになれるのか? それも無理です!
これくらいの試練で、紫電改のことイヤになってしまう男か、きっと神様に試されてるんでしょうね・・・。

神様も性格悪いよね! ここまで私をイジメなくてもねー。
イベント予約に万に一つ奇跡が起こったら神様に感謝!
このままショボイ感じでイベントが終わったら、神様にいつか リベンジ!・・・・・奇跡を信じたい

  1. ◆あいなんからの祈り・・・日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)

10/17・18 集客苦戦状況から得た今後の展望

  日本海軍最後の戦闘機 『紫電改』  紫電改

数日前、イベントPR状況の記事をアップしましたが、メインイベント10/17・18の集客状況苦戦の
原因について、またイベント後のこれからの紫電改展示館の取り組み方について、考えてみようと思います。

◆ 半年間の集客が好調なのに、なぜメインイベントが苦戦するのか? 反省点は? 今後は?

私自身、半年間の来館者数の伸びが好調過ぎて、好調原因の分析を勘違いしてました。
これほど反響があるなら、メインイベントは絶対大丈夫だろうと・・・。
実は、今回の集客の手柄は、報道さん(TV・ラジオ・新聞他)以外では、“ 記念パンフレット ”だったんです。

ポスター・チラシ・パンフの3点セットでPRしたのですが、紫電改パンフばかりが人気して早くから
在庫切れ状態でした。 引揚げから30年間で初めて製作したパンフ、私としてはそれなりの力作
だったんで嬉しかったのですが・・・、反面イベントチラシがあまりハケなかったんです。
催し物が多すぎて、チラシ紙面がゴチャゴチャしてわかりにくく、内容読む気がしなかったのかも?

今年、愛南町で紫電改引揚げ30周年のイベントがある っていうところまでは認識いただけたと思い
ますが、イベントの期日・内容までは どうも認識いただけなかったようで・・・。

また、もっと単純に言えば今までのPR不足なんでしょうね。(過去30年間これといったPR全然してない)
別にメインイベントしなくても、報道さんとパンフによる紫電改のPRだけでお客さん増えたって感じですね。
今回のPR、イベントのPRじゃなく、紫電改のPRになってしまったのだと思います。

まあ、紫電改展示館の来館者数を見ると、半年間のPRは大成功だったと言えます。 手書き風シリーズ矢印上
ですが、イベントの予算配分・労力考えると、イベント期間ラスト2日間の費用対効果・苦労対効果?
考えるとツライ・キツイですね!がっくり

妻が、愛知県にいる娘に今回の状況を電話で話したところ、
    娘 → 「お父さん頑張っても、お客さん来るわけないよ。」
    妻 → 「どうして?」
    娘 → 「だって、愛南町遠いもん!」 がーん

それだけですか 怒 もっと他に・・・ 私たち親子じゃないんですか  うぁぁん 

娘に言われなくてもわかってましたが、結局その一言に尽きると思います。
7/19~10/18までの3ヶ月間という期間設定は問題ないのですが、イベント日を短期限定すると 
地の利の悪さ、ましてや連休ではない日程がワザワイして、今回のようなことになったわけです。

ツアーにこだわったのがマズかったですね。 台風中止を嫌って、当館の紫電改とは何の関係もない
10月にメインを持ってきたこと。 ご高齢者への配慮から暑い夏を避けての10月でしたが、私の想像以上に気持ちはあっても、健康上のこと・遠すぎる愛南町ということで、ご高齢者の参加は無理でした。

10/17・18に関しては、すべて裏目に出ちゃった感じですね。
お客さんの都合を考えると、その日だけというイベントは、アクセスの悪い愛南町には向かない。
今後は、展示物中心にロングランのイベントが、愛南町の紫電改展示館には適しているのかなと。
そして、普段からもっとPRするべきでしたね。 今回の苦戦で、いろいろ勉強になりました。

でも、このメインイベントをしなくても良かったという意味ではないのですよ!
30周年の記念イベントです。 生き残りの方・紫電改に思いの深い方たちが、まだご健在のうちにと
私個人としては、どうしてもセレモニー的なことをやりたかった! そして、体制整うまで待てなかった。

言い訳っぽいですが、本心です。 メインイベントの成否は もはや念頭になく、実施するのみです。
メインイベントは、ある意味 費用対効果的・労力的に、贅沢なイベントになりました。
参加予定の皆さん、内容はともあれ 当日ショボイと思わないでくださいね。(笑)

年齢的に今回のイベントを集大成と感じる世代の方たち、また私のように このイベントを、これからの
紫電改展示館PRのキッカケなんだと思う世代、それぞれ立場がちがう人たちの『紫電改引揚げ30周年記念
イベント ・ あいなんからの祈り』です・・・・・。

  1. ◆あいなんからの祈り・・・日記
  2. TB(0)
  3. CM(4)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。