スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

弾薬・燃料も尽きた!

  紫電改:ハセテックさんの画像です!  紫電改

久しぶりの記事です。 イベントの最終PRが終わったので、いつもどおり記事のアップして行こうと思います。
この一週間、危機感でストレスがピークでした。 当然ですよね。 予約が入らないんですよ!

大河ドラマ見てますが、関ヶ原の戦いの時の石田三成 状態? なぜ動かん・・・、なぜ数字が伸びん・・・。
ひょっとして総崩れか? PR始めて半年間のご来館者数が、前年比136%と快進撃中!
なのになぜ、メインイベントの10/17・18に集まらないんだ? どうして~? なんでこんなことに・・・。

悩みましたね。 イベント準備どころじゃなく、PR必死でした。
客層なんか気にせず、誰でもいい状態で、私の友達には「俺の葬式やと思って来てくれ」って!(笑)

9月末の3日間地元をPRしたのですが、ホームなのにアウェー感ありました・・・。
戦争遺産に対するアレルギーなのか、とにかく自分の無力感と脱力感で気持ち凹んでました。

実行委員会立ち上げから約1年3ヶ月、いつか紫電改のイベントをやろうと思って3年半、自分では
準備着々と進めてきたつもりが、なんで最後にコケるのかよって!
社長の反対押し切ってまで、頑張って たどり着いたイベントなのに・・・空しい~!

この数では、遠方から来られるお客さん、紫電改関係者、イベント出演者に申し訳なくて、恥ずかしくて・・・。
戦国時代の武士なら切腹してるところでしょう。 こういう状況でも、最後まで頑張り通さなければならない
自分の立場が悲しかったです。

そんな中で、9月中旬に紫電改展示館で、大和ファンのY島さん(宇和島市)との出逢いがありました。
私がPRで悩んでる9月後半、Y島さんが事務所にお越しになり、
「PRしてくるからイベントチラシ預かって行くよ」 「知り合いにも声かけてくるから」・・・。

私自身、あきらめの境地、敗戦処理が脳裏にチラついてたタイミングでした。
まだ戦ってくれてる仲間がいる。 言い出しっぺの私があきらめるわけにはいかんだろう。
敗戦分析してる場合じゃない! もう、死地においては戦うのみ!! テンション上がりましたね。

ブログを見てくださってる方からも、励まされ 背中を押してくださったのも事実です。
おかげさまで、“完全燃焼の美学” 体感することができました。
イベントのポスター・チラシ、全部使い果たし、もうこれ以上PRできません。

それに、イベント出演者の方にも恥を忍んで集客依頼をしました。 なりふりかまわずです!
A級戦犯は最初から覚悟の上ですが、 このイベントだけは絶対コケたくないんです。
全力尽したから、結果は仕方ないでは済まないんです。 どうであれ、体裁を整えたい、勝ちたいんです。

引き揚げ30周年、当時の関係者が残り少なくなり、紫電改のイベントは 最初で最後かもしれません!
そういう意味でも、絶対成功したいんです! あとは神風が吹くのを待つだけの立場です。

イベントの結果は まだわかりませんが、このイベントで多くの“戦友”を得ました。
苦しかったPRですが、いろんな“戦友との出逢い”、私にとってそれが一番の救いでした。

次回の記事は、集客になぜ苦戦することになったのか反省し、今後のイベント展望について
自分の意見を述べようと思います。

スポンサーサイト
  1. ◆あいなんからの祈り・・・日記
  2. TB(0)
  3. CM(2)

『オリジナルボクサーパンツ』 ついに散華!

  20ミリ機関砲パンツ  撃墜王パンツ

『20ミリ機関砲パンツ』 『撃墜王パンツ』 各1,000円 がシルバーウィーク中、ついに完売した模様です。
「え~、売り切れ? 再販しないの?」 惜しまれつつ、立派な最期だったようです。

在庫が少なくなってから、わりと人気してたようですが、調子こいて再販すると在庫のヤマは必定!
イベント終わってから、次回作をゆっくり考えたいと思います。 紫電改展示館にパンツは・・・絶対いるよね

  1. ★紫電改オリジナル関連商品
  2. TB(0)
  3. CM(4)

焼印入り “じゃこてん”

焼印入り “ じゃこてん ”

愛媛県の南予地方の特産品 『 じゃこてん 』です。 愛南町の特産品でもあります。
今年の4月から、焼印入りじゃこてんを通販してます。 
1枚あたり100円くらい、詰め合わせ 約3,000円程度! (詰め合わせ方と種類により価格に若干の差あり)

  じゃこてん・かまぼこ詰め合わせ  焼印入り “じゃこてん”

この焼印の企画、菓子では成功してますが、じゃこてんはPR不足もあり、全然申込がなかったのです。
それがなんと9月末、やっと通販の申込がありました。手書き風シリーズ矢印上 
半年間で1件! 私の趣味、わかってくれる方がいた びっくり  感動しました! 嬉しかったですね。

じゃこてんに、343錨マークの焼印・・・。 子供じみてるとお思いでしょうが、これ絶対食べたいですよね

  1. ★紫電改オリジナル関連商品
  2. TB(0)
  3. CM(0)

10/17・18 集客苦戦状況から得た今後の展望

  日本海軍最後の戦闘機 『紫電改』  紫電改

数日前、イベントPR状況の記事をアップしましたが、メインイベント10/17・18の集客状況苦戦の
原因について、またイベント後のこれからの紫電改展示館の取り組み方について、考えてみようと思います。

◆ 半年間の集客が好調なのに、なぜメインイベントが苦戦するのか? 反省点は? 今後は?

私自身、半年間の来館者数の伸びが好調過ぎて、好調原因の分析を勘違いしてました。
これほど反響があるなら、メインイベントは絶対大丈夫だろうと・・・。
実は、今回の集客の手柄は、報道さん(TV・ラジオ・新聞他)以外では、“ 記念パンフレット ”だったんです。

ポスター・チラシ・パンフの3点セットでPRしたのですが、紫電改パンフばかりが人気して早くから
在庫切れ状態でした。 引揚げから30年間で初めて製作したパンフ、私としてはそれなりの力作
だったんで嬉しかったのですが・・・、反面イベントチラシがあまりハケなかったんです。
催し物が多すぎて、チラシ紙面がゴチャゴチャしてわかりにくく、内容読む気がしなかったのかも?

今年、愛南町で紫電改引揚げ30周年のイベントがある っていうところまでは認識いただけたと思い
ますが、イベントの期日・内容までは どうも認識いただけなかったようで・・・。

また、もっと単純に言えば今までのPR不足なんでしょうね。(過去30年間これといったPR全然してない)
別にメインイベントしなくても、報道さんとパンフによる紫電改のPRだけでお客さん増えたって感じですね。
今回のPR、イベントのPRじゃなく、紫電改のPRになってしまったのだと思います。

まあ、紫電改展示館の来館者数を見ると、半年間のPRは大成功だったと言えます。 手書き風シリーズ矢印上
ですが、イベントの予算配分・労力考えると、イベント期間ラスト2日間の費用対効果・苦労対効果?
考えるとツライ・キツイですね!がっくり

妻が、愛知県にいる娘に今回の状況を電話で話したところ、
    娘 → 「お父さん頑張っても、お客さん来るわけないよ。」
    妻 → 「どうして?」
    娘 → 「だって、愛南町遠いもん!」 がーん

それだけですか 怒 もっと他に・・・ 私たち親子じゃないんですか  うぁぁん 

娘に言われなくてもわかってましたが、結局その一言に尽きると思います。
7/19~10/18までの3ヶ月間という期間設定は問題ないのですが、イベント日を短期限定すると 
地の利の悪さ、ましてや連休ではない日程がワザワイして、今回のようなことになったわけです。

ツアーにこだわったのがマズかったですね。 台風中止を嫌って、当館の紫電改とは何の関係もない
10月にメインを持ってきたこと。 ご高齢者への配慮から暑い夏を避けての10月でしたが、私の想像以上に気持ちはあっても、健康上のこと・遠すぎる愛南町ということで、ご高齢者の参加は無理でした。

10/17・18に関しては、すべて裏目に出ちゃった感じですね。
お客さんの都合を考えると、その日だけというイベントは、アクセスの悪い愛南町には向かない。
今後は、展示物中心にロングランのイベントが、愛南町の紫電改展示館には適しているのかなと。
そして、普段からもっとPRするべきでしたね。 今回の苦戦で、いろいろ勉強になりました。

でも、このメインイベントをしなくても良かったという意味ではないのですよ!
30周年の記念イベントです。 生き残りの方・紫電改に思いの深い方たちが、まだご健在のうちにと
私個人としては、どうしてもセレモニー的なことをやりたかった! そして、体制整うまで待てなかった。

言い訳っぽいですが、本心です。 メインイベントの成否は もはや念頭になく、実施するのみです。
メインイベントは、ある意味 費用対効果的・労力的に、贅沢なイベントになりました。
参加予定の皆さん、内容はともあれ 当日ショボイと思わないでくださいね。(笑)

年齢的に今回のイベントを集大成と感じる世代の方たち、また私のように このイベントを、これからの
紫電改展示館PRのキッカケなんだと思う世代、それぞれ立場がちがう人たちの『紫電改引揚げ30周年記念
イベント ・ あいなんからの祈り』です・・・・・。

  1. ◆あいなんからの祈り・・・日記
  2. TB(0)
  3. CM(4)

プラモデル作るぞぉー!

零戦と航空ファン11月号

今度のイベント(あいなんからの祈り)にお越しになるお客様で、Wさんという方がおられます。
昨日Wさんから、343空関係の記事が航空ファンに掲載されてるよと、メールをいただきました。
知らなかった! メール返信したあと、仕事中にもかかわらず書店へ ダッシュ
目的は『航空ファン11月号』だけだったのですが・・・、『零戦』も買っちゃいました

さらに・・・・・

  日本陸海軍機大百科  日本陸海軍機大百科

最終号まで予約しちゃいました。 欲しかったんで仕方ないか・・・。

さらに・・・・・

週刊 零戦をつくる

これまた最終号まで予約しちゃった ぴーす やってもうたぁ~ かお

衝動買いやぁ~  だから書店行きたくなかったんだよ ><

全部でいくらかかるのか、まだ計算してませんが、結構高い買い物した感じです・・・まあ、いっか!
妻に相談せず買ってしまいましたが、妻は別に怒ってませんでした。(ホォッ!)

プラモデル作り、35年ぶりに始めようかと思ってたとこだったんで、いいタイミングだったかも にこ
私は海軍ファンなので、『零戦』と『大和』は絶対外せないですね。
『大和』のプラモデルも別店で発注を考えてます。 でも、最初からウマク作れそうもないので、
まずはハセガワ1/48紫電改で練習してからですね。 「紫電改のタカ」バージョンで黒い紫電改作ります!

紫電改展示館にジオラマをご寄贈くださった “モデラーズクラブ(ゼロワン)” の方から、
「プラモデル買う時は、同じモノを2個買いなさい。1個目は必ず失敗するから。」
ご教示どおり紫電改は2個買います。 今回の零戦と予定の大和は、高くて2個は買えませんね!
紫電改で腕を上げてから挑戦します。(笑)

ハリリョさん、頑張って作りますので見ててくださいね!
Wさん、いい情報ありがとうございました! なんか本よりプラモデルに目移りしちゃった感じです。ムフフ

  1. ■紫電改プラモ製作他
  2. TB(0)
  3. CM(2)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。