スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

ワレ、ゴ案内デ自爆ス 1

紫電改紫電改

先日、小学5年生の団体さんが、紫電改展示館へ歴史学習に来られました。
事前に説明を頼まれていたので、いつもの観光客用の簡単な説明の後に
デジタル紙芝居 「紫のマフラー」 を視聴していただく流れで、だいたい1時間
くらいのご案内を予定していました。

ところが、ご来館日の3日前に引率の方から、前もって小学生からの質問
事項を列記した用紙をいただいたのです。
答えられる範囲で構わないので 対応してやって欲しいと ・・・

質問内容は、即答できるものから調査が必要なもの、答えにくいものまで
全部で19項目ありました。 熱心な小学生もいるものだなーと、嬉しいやら
迷惑なのやら複雑な心境でした。

というのが、質問の中に ・・・
           ● 戦争はどうして起きたのですか
           ● 戦争は日本が仕掛けたのですか
           ● 戦争はいつから始まったのですか


これは難問です! 困惑しました。 引率の方と電話で ・・・

「この質問に答えるのヤバくないですか? 非常に答えにくいです。
    もし期待してる答えがあれば、意に沿いますよ。」
と言うと、

引率の方は、 「いや、ご自分の見解で結構ですよ。」 と軽く返答されました。

私としては、いくら自分の見解でいいと言ってくださっても、相手は小学生 ・・・。
いい加減なこと言えないし、また偏ってるかもしれない自分の考えなど語る
わけにはいきません ・・・。

自分なりに考えた結果、ありのままの現状を説明するしかないと、
戦勝国・敗戦国 それぞれに言い分があって ・・・ と二通りの答えを用意しました。
これなら差し支えあるまいと ・・・

しかし、当日の小学生相手の説明はギクシャクして、まとまりのない長話に ・・・ 
質問19項目に返答するだけで1時間を要してしまい、デジタル紙芝居を視聴して
いただく時間がなくなってしまいました。 大チョンボです ・・・。

できるだけ解りやすく説明してあげようと思ったのが失敗でした。
案内役たるもの時間を忘れタイムオーバー ・・・
段取りどおりに予定を消化できなかった自分がアホに思えて ・・・

あ~長話してもうたぁ~、
       迷惑かけてしもうたぁ~
  

                続く・・・

スポンサーサイト
  1. ■紫電改を伝えたい!(日記)
  2. TB(0)
  3. CM(6)

ワレ、ゴ案内デ自爆ス 2

紫電改紫電改

小学生の団体さんが帰られた後、自己嫌悪に陥りました。
時間を忘れてまで熱く、重いテーマの質問に答える必要は無かったはず ・・・
質問用紙をいただいた時に、重いテーマの項目はお断りすべきでした ・・・
私は まだまだ未熟者です。 仕事の範囲を超えて返答してしまった結末です!

大体、仕事と趣味の境界線の意識が薄かったせいです。
紫電改への熱い思いが、つい出過ぎちゃったように思います。

仕事なら、紫電改の簡単な概要と引揚げ時の話など、5分くらいでサクッ~と
説明したんで充分です。 戦争だとか平和だとか 語る必要はないし、また
語ってはいけないんです。 紫電改のことだけ語ればいいのです!

わかっているつもりでいましたが、改めて仕事と趣味、混同してはいけないと
思い知らされました。 プロ意識がないからこそ、こんな結果を招いてしまった
んだと思います。

仕事が終わり、帰宅してからも 気持ちは凹んだままでした。 
『あいなんからの祈り』イベント終了後、2年間ずぅ~っと胸につかえていた
ことと覆いかぶさって、一晩中 悩みそして反省しました。

                  続く ・・・

  1. ■紫電改を伝えたい!(日記)
  2. TB(0)
  3. CM(10)

ワレ、ゴ案内デ自爆ス 3

紫電改紫電改

イベントが終わって この2年、紫電改展示館のPRについて自分なりに模索してきました。
イベント前 私は、テーマなき所で ただ紫電改が好きで、紫電改のことを多くの人に知って
いただきたいという、シンプルな思いだけで頑張っていました。

このイベントについては、過去記事 『あいなんからの祈り・・・日記』 で書いておりますが、
当時、周囲から色々と イベントの開催を懸念する声がありました。

テーマを強く前面に出すと、思想的イベントと誤解を招く恐れがあり、また「戦闘機 紫電改」
としてのPRに絞り込んだとしても、戦争遺産である限り、平和? 戦争賛美? 必ず目的を
問われます。 これもヤバイ、あれもヤバイと内容を削っていくうちに、公のイベントとして
できる範囲って僅かなもんです。

これって、ホントに紫電改のイベントなのかなー?って思うくらい、ピンボケした内容に
なっちゃいました。 それなりに波及効果が得られ、イベントの評価は まあまあでしたが、
紫電改に関心のある方にとっては、完全に 物足らなさが残り、また一般の方にとっては
始めから戦争遺産という重い印象があり、一般ウケするような内容ではありませんでした。

その時の、何とも言えない中途半端さを経験した私は ・・・
俺って、一体 何がしたいんだろう?って、深く考えるようになりました。

PRするには、しっかりしたテーマがないとダメです。 かといって、自分の趣味や考えを
人に押し付ける気は 毛頭ありません。 
仕事上の限界は見えてる ・・・。 よ~く解かってるつもり ・・・。

でも なぜか、呑み込みの悪い自分がいて ・・・ (笑)

それが今回の小学生相手の説明失敗と重なり、深い所まで墜落しちゃいました。
考えた末、自分の中で仕事と趣味とのケジメをつけることができました。

仕事は範囲内で頑張る! 趣味は今までどおり楽しめばいい!

そもそも、仕事も趣味も紫電改なので、今までごちゃ混ぜになっちゃってたんですねー (笑)
頭をぶつけるまで、それが解からぬ アホなオッサンでした  


  1. ■紫電改を伝えたい!(日記)
  2. TB(0)
  3. CM(0)

ワレ、再出発ノ要アルト認ム

宮崎 勇 分隊士と・・・宮崎 勇 分隊士と・・・

そんなわけで、紫電改PRの第2ステージへスッキリした気持ちで ・・・ 
そして、いいタイミングで追風が吹きました。 昨日、元紫電改搭乗員の宮崎 勇 分隊士から
紫電改Tシャツ10枚、ご注文の電話をいただきました。

先日、満92歳のお誕生日を迎えられたそうで、まだまだ若々しいハリのあるお声に
元気をいただきました。 紫電改のこと、これからも頑張らないといけませんね 

今思えば、私の社内評価なのですが ・・・
戦力配分1割程度が妥当と思われる紫電改展示館に、私は9割くらい時間をかけてました。
意見が対立すれば、同僚であろうが上司であろうが、ご法度の強行突破!
こんな人間じゃなかったはずなのに、紫電改のことだけは譲れなかった・・・。

そりゃぁー、左遷されても仕方ないですよねー (笑)
サラリーマンとして、ダメ社員ですよねー (笑)

社内評価より、外部評価の方が高い 紫電改展示館 ・・・
今までイベントの前後5年間、意地になって頑張ってきた証ですよね 

これからは今までの反省を踏まえ、営業課長としての本来の業務も頑張らないといけません。
戦力配分は 紫電改 5 : 5 その他の業務 でいきます! ・・・ まだ懲りてない 

このブログにしても、キッカケは紫電改のPR目的で始めました。
会社のブログではなく 私ブログなのですが、仕事を意識してか アクセス数など
正直言って気にしてました。

今年3月に突然ブログを休止したり、あまり記事を更新しなくなったのは、前記事で書いた
理由で 何のためのPRだ?って、気持ちが行き詰ったからでした。

今後のブログ更新は、仕事でのPR目的ではなく、今までに出逢った皆様との交流、
そして紫電改に関心のある方との個人的な出逢いの場として、ボチボチと続けて行こうと
思います。 

新たな気持ちで、紫電改のこと頑張ります 

  1. ■紫電改を伝えたい!(日記)
  2. TB(0)
  3. CM(16)

孫の運動会

運動会にて

MIKIでーす   土曜日は孫 和果の保育園の運動会でした  

和果の応援に、娘(母)・父(曾祖父)・主人の母(曾祖母)・私たち夫婦(祖父母)で
一家総動員!  駆けっこ、障害物競走、お遊戯、親子参加での競争、祖父母VS
保育園児による玉入競争など ・・・。  お天気も良く、楽しい運動会でした!

一番の関心事は、やはり 和果の 駆けっこ 障害物競走です。
運動会前夜、私が和果に 「 明日はガンバルんだよー、一番ビリにはならないでねー 」
と言うと、主人がぼそっと 「 あんまり期待するな、たぶんビリだろ 」って ・・・ 

毎週、和果の剣道の練習を見に行ってる主人には、結果が予想できてたようです。
和果の運動会の成績は、駆けっこも障害物競走も一番ビリでした 

普段 家の中では、私たち夫婦に 強気で横着を言う元気な子なのに、運動会では
弱味を見せてしまった和果でした ・・・ 

私たち夫婦も玉入競争に参加しましたが、孫との運動会は楽しかったです 

  1. ☆ MIKI (晩ごはん他)
  2. TB(0)
  3. CM(6)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。