2012謹賀新年

紫の豚 赤備え!

                謹 賀 新 年

     旧年中は大変お世話になり有難うございました

     本年も宜しくお願い申し上げます

                              紫の豚 ・ MIKI

軍艦旗

  1. ■紫電改を伝えたい!(日記)
  2. TB(0)
  3. CM(24)

トランプ、花札デ年末ト正月ヲ過ゴス

和果和果

孫の和果は、トランプと昨年12月初旬に覚えたばかりの花札に毎日ハマってます。
仕事納めから正月にかけ、毎晩トランプと花札に付き合わされました 

紫の豚一家は、MIKIが30日まで仕事、娘と和果は29日から休み ・・・
私はというと 今年は ゆったりで、27日まで仕事 ~ 連休 ~ 30日は日直 ~ 31 ・ 1・ 2日
は休み、近年にない のんびりした年末年始です。 大変幸せなことなのですが ・・・ 

まあ、こういう年末年始の過ごし方も悪くないですね (苦笑) 家族の絆ってヤツですよ (笑)
年末に贈って頂いた 九州銘菓 「さが錦」 や あん餅をおやつに勝負に励んだ紫の豚でした!

さが錦あん餅

アテの無い逃亡者さん から頂いた 「 さが錦 」 と、母から貰った あん餅 です!

和果姐さん和果姐さん

和果姐さん、もろ肌出して気合入りすぎです   任侠映画 観たことないくせに ・・・ 
教えたつもりもありません ・・・   あっ、ひょっとして昨年のドラマ 「 ドンキホーテ 」 か 

和果姐さん和果姐さん

  1. ■紫電改を伝えたい!(日記)
  2. TB(0)
  3. CM(16)

大晦日の晩ご飯

大晦日の晩ご飯主人の実家で・・・

MIKIでーす      年末 私は30日まで仕事でした。
両家のお墓参りも大晦日と、年末ギリギリ   だいぶ遅くなってしまいました  

大晦日は主人の実家で晩ご飯です! 主人の弟も帰省しており、年に一度の楽しみです!

すき焼きアワビの煮物
刺身の盛り合わせカツオのたたき
大根の煮物蒲鉾他
巻き寿司・いなりいなり・赤飯

お母さん手作りの巻き寿司 ・ いなり ・ 赤飯 ・ 煮物は久々に美味しかったです 

また花札・・・紫の豚と弟紫の豚と弟和果と曾ばあちゃん

和果は、弟からお土産や一日早いお年玉を貰って喜んでいました。 明日は私の実家です 

弟の土産弟の土産

  1. ☆ MIKI (晩ごはん他)
  2. TB(0)
  3. CM(0)

元旦のおせち料理

MIKIの実家で正月和果・MIKI

MIKIでーす    元旦は朝から私の実家で過ごしました。
父が一人暮らしなので、朝早くから娘とおせち料理を重箱に詰めて、お雑煮を作りに実家へ。

和果と紫の豚紫の豚 ・ MIKIの父

主人は午前中 家でゴロゴロしてましたが、昼過ぎに合流。 父の相手をして呑み会です!
愛媛零戦搭乗員会のお知り合いから頂いた清酒と、弟がくれたビールで夕方前まで延々と 

主人は大晦日と連チャンだったので、家に帰るなり爆睡   まだ晩の7時なのに・・・(笑)

2日には妹家族が帰省しました。 3日連続の呑み会、主人はさすがにもう呑めなかったです  

おせち料理
おせち料理
おせち料理
海老の塩焼きローストビーフ
清酒 にき多津モルツ

  1. ☆ MIKI (晩ごはん他)
  2. TB(0)
  3. CM(6)

八杉さんの本

八杉さんの本

昨年11月、戦艦大和 元乗組員 八杉さんの講演会を拝聴した時に買った本です。
熱のこもった講演でしたが時間切れで、正直もっと聞きたかったという印象でした。

幸いこの本で補足することができました。 『 戦艦大和 最後の乗組員の遺言 』

八杉さんの生い立ち ~ 海軍志願 ~ 大和乗艦 ~ 撃沈、重油の海からの生還 ~ 陸戦隊
~ 広島の原爆・終戦 ~ 戦後の再生 ~ 大和探し ~ 真相追及 ~ 語り部 ・・・

15歳で憧れの海軍に入隊し17歳で大和に乗艦、そして沖縄水上特攻から奇跡の生還を
果たした、八杉さんの人生そのものが書かれています。 
当時世界一の戦艦大和に測距員として乗艦できたことは、八杉さんの能力の高さは勿論
ですが、八杉さんにとって ある意味幸せなことだったんだろうなとも思いました。

講演会とこの本で、私がいかにフィクションに傾倒してたか、よくわかりました (苦笑)
これが戦争なのかーって感じで、真実を教えていただけた気持ちになれました。

戦争体験の内容なのに、私は希望のある前向きな本だと勝手に解釈しております。
大和を愛し、ネーバルスピリットに生き、戦後の大和探索や真相追及に毅然とした
態度で臨まれた八杉さんは立派だと思います。

八杉さんは、原爆を体験され二次被爆し、復員後 決して人から羨望の眼差しという
人生ではなかったと想像します。 大和の最後の語り部となり、病魔と闘いながら
今も講演活動を続けられています。 どこまでも強く、前向きなお方だと思います。

生涯ネーバルスピリット! 前向きに生きること! それを学んだ気がしました  

八杉さんの愛媛での講演会を企画してくださった GAIYAさん から頂いた記念の額と写真!
               ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
額入り記念写真記念写真

  1. ■紫電改を伝えたい!(日記)
  2. TB(0)
  3. CM(8)
次のページ