紫の豚、「永遠の0」を速攻で読む

永遠の0

神風特攻慰霊祭の前日24日に、元 神雷部隊 愛媛零戦搭乗員会会長の保田さんから
手紙を頂戴しました。 内容は、歴史街道11月号・剣の御所・永遠の0 の紹介でした。

歴史街道11月号は読んだし、剣の御所は3年前に訪問したし、未読は「永遠の0」のみ。
この本が売れてるのは知っていましたが、フィクションなので 気持ちがなんか後回しに
なって、他の本を優先して まだ読んでませんでした。

今回 保田会長からのオススメ! オススメということは “読め” という意味?
これは読んでみたらという提案するカタチの “読め” という命令に違いないと思い、
速攻で本屋へ買いに行きました

「永遠の0」、フィクションだと軽く思ってましたが、なんと素晴らしい作品でした!
500頁以上ある本を2日で読み上げました。 読み出したら止まらない、引きずり込まれる
感じで、フィクションと知っていながら 感動いたしました!!!

内容も分かりやすく、話の展開が面白い、これは名作! 売れてる理由が良く分かりました。
来年映画が完成するそうですが、絶対イイ映画にして欲しいですね。

「男たちの大和」を超える感動の名作になることを期待してる紫の豚であります。
保田会長、イイ本を紹介していただき有難うございました! 

保田会長からの手紙2010愛媛零戦搭乗員会にて

  1. ■紫電改を伝えたい!(日記)
  2. TB(0)
  3. CM(8)
<<カツ丼 | ホーム | 藤本速雄さんから頂いた手記>>

コメント

自分は先日、高牟礼さんのご子息の奥さんに勧められて
只今、第三章「真珠湾」まで読みました。
第三章までの「宮部・石岡・伊藤」という登場人物は
架空の人物みたいですね!
これからどんな結末があるか楽しみです。
  1. 2012/10/31(水) 07:59:08 |
  2. URL |
  3. 富嶽 #-
  4. [ 編集]

富嶽さんへ

おはようございます。 読まずに映画観たらイイやと思ってましたが (笑)
この本は展開がイイですよ。 一気に読んでしまいましたからね。
戦争期間全体が入ってるので、宮部久蔵=零戦物語って感じがしました。
結末はシビレましたよ! 流石、フィクションです (笑)
  1. 2012/10/31(水) 08:58:10 |
  2. URL |
  3. 紫の豚 #-
  4. [ 編集]

暫く振りです、こんにちは。
この本はフィクションと言えども実在の方々が多々出てきますよね。
私も何年か前に母が買ってきて、家族でたらい回しに読みました。
亡き児玉清さんの解説が気に入ってます(笑
著者の百田さんは沢山取材されたのだろうか、そこら辺を色々考えてしまいます。

映画が楽しみですね!

  1. 2012/10/31(水) 12:47:37 |
  2. URL |
  3. 瀬名 #-
  4. [ 編集]

瀬名さんへ

こんにちは。 ノンフィクションに限りなく近いフィクションって感じですね (笑)
ノンフィクションに希望的ストーリーをつける、我々が居酒屋で呑みながら戦記の
タラ話に花を咲かせるシーンのような、そんなイメージで読めました。 
しかも最後は泣ける話なのでヒットしますよ! とにかく面白かったです。 

著者の百田さんが沢山取材したかどうかは分かりませんが、ストーリー的には
色んなノンフィクション本の美味しい所ばかりを集めたような感じがしました。
最後の まさかの展開にはヤラレましたが (笑)、いろんな証言話は何となく
予想できてました。 期待どおりの展開でしたので、スラスラ読めたって感じです。

イイ本ですよ! この本を読んで興味を持ち、さらにノンフィクション って方が
多いのではと思います。 戦争知識が全く無くても十分読めますね!
来年完成する映画が楽しみです。 ストーリー的には絶対面白いハズですよね v-222
  1. 2012/10/31(水) 13:35:43 |
  2. URL |
  3. 紫の豚 #-
  4. [ 編集]

おじゃまします

「永遠の0」 宮部が最後に水中沈んでいくところは・・ もう私はボロ泣きでした。 フィクションですが よくできてるなと感じました。 映画は失敗しないようにと願っております。
  1. 2012/10/31(水) 15:06:47 |
  2. URL |
  3. エリザベス #-
  4. [ 編集]

とても感動しますよね。
私も一気に読んで、読後は悲しくて仕方なかったです。
紫の豚さんのコメントにあったとおり、私はこの本を読んでから戦史に興味をもつようになった一人です。
来年の映画化もとても楽しみにしています。
  1. 2012/10/31(水) 17:01:35 |
  2. URL |
  3. 千羽鶴 #-
  4. [ 編集]

エリザベスさんへ

こんばんは。 たしかに良くできたストーリーですよ!
最後はこうあって欲しいという価値観が、自分にはピッタリで
何も文句のつけようが無いイイ話です!

マジで映画は、本の価値を下げないよう願いますね。
とにかくストーリー展開は自分的には高評価ですよ v-222
  1. 2012/10/31(水) 22:12:41 |
  2. URL |
  3. 紫の豚 #-
  4. [ 編集]

千羽鶴さんへ

こんばんは。 私も感動しましたよ!(笑)
戦争話って本当に悲しいものだし、そして調査したお孫さんたちの
今後の前向きな未来を予見できるストーリーは最高です!

私は紫電改ご案内の仕事に、思想を入れてるつもりはありませんが
この本の言わんとする趣旨が自分と被ってて、少し嬉しい気さえします (笑)

「永遠の0」を多くの人が読み、戦争・平和について、国防について
ふと考えてみるキッカケになることは、大変イイことだと思いますね!
  1. 2012/10/31(水) 22:29:29 |
  2. URL |
  3. 紫の豚 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shidenkai343.blog40.fc2.com/tb.php/1291-f592cdfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)