映画 「 永遠のO 」

永遠のO

紫の豚は大晦日、小学6年生の孫娘を連れて・・・2回目の鑑賞でした。
夏休みに孫娘が帰省してた時に、この本を読め!と宿題を出していました(笑)

小6女子にとって戦争用語は読み方分からない、意味分からない・・・で
なかなか読み進むことが困難だったようです。 私が小6の頃はスラスラ読んだけどな

長女からMIKIに、「娘の質問なんだけど、駆逐艦って何?」っとか、
いろいろ電話で聞いてきたみたいです。 MIKIも戦記物は全くの素人・・・
紫の豚の妻なのに全然知識はありません。 なんせ宇宙戦艦ヤマトは知ってても
戦艦大和を知らなかった、イタイ婆ちゃんです(笑)

こんな状態で小6の孫娘は、映画封切までに小説を完読できないままでの
映画鑑賞となりました。 私自身 映画を観るまでは、孫娘の読書進行の遅さから
映画観てもあまり理解できないのではと心配しておりましたが、映画は素晴らしかった!

特に難しい用語とか実在した人物名とか上手く省かれており、戦争物の知識がなくても
全然問題なく話がよくわかり、楽しめる内容だったと思いました。
観終わった孫娘は、涙がでたと感動しておりました。 さて、紫の豚はというと・・・

小説を先に読んでいたので、すでに感動ズミ! せっかくの良い原作なので映画の方も
素晴らしい内容でありますようにと祈っておりました。 期待どおりで良かったです!!!

零戦搭乗員10人分くらいの話を宮部久蔵 一人に上手くまとめたもんだと思いました。
それを小説とは違い、144分という尺の中にギクシャク感なくコンパクトに収まってるな
と感心しました。 迫力ある空戦シーンは映画ならでは! 小説より映画の方が勝ち!!

時間かけて原作読まなくても(私は時間かかりませんでした)、この映画で十分!
宮部久蔵(岡田クン)は格好良かったし、他の俳優さんたちもなかなか味のある良い
演技だったと思います。 欲を言えば松乃(井上真央さん)が出てるシーンを増やして
欲しかったです(笑)

結局のところ紫の豚は泣きませんでした。 1回目はMIKIと、2回目は孫娘と一緒
だったので、やはり一人で観ないと隣が気になって泣けませんね(笑)

それでも泣きそうになった場面があります。 ストーリー的に小説で感動してたけど
映像的に真珠湾攻撃出撃シーン・特攻シーン・宮部久蔵の気迫の特攻シーンは涙が
こぼれそうで、こぼれそうで 必死で堪えました。

真珠湾攻撃と特攻はストーリーとは関係なく、紫の豚の勝手な瞑想で泣きそうでした。
戦うも亡国、戦わざるも亡国、進退窮まった日本が大国相手に乾坤一擲の勝負を挑んだ
真珠湾への出撃シーン。 日本民族の誇りをかけ悠久の大義に往く特攻シーンは
日本人なら堪らないシーンですよね。 以上、紫の豚の感想でした 

永遠のO

  1. ■紫電改を伝えたい!(日記)
  2. TB(0)
  3. CM(8)
<<2014紫の豚家の正月 | ホーム | 今年もあと僅か ・・・>>

コメント

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

「永遠の0」初日に見に行きました。
原作、映画とも泣けました。。。

赤城の戦闘シーンや特攻隊の出撃のシーンは胸が熱くなりました。
予科練を経験した実父や千歳に乗船しレイテの海に浮かんだことのある
義父のことを思うとほんとうに生きていてくれてよかったと思います。
いい映画でした。
  1. 2014/01/04(土) 15:26:39 |
  2. URL |
  3. ”M” #O2m2xvZY
  4. [ 編集]

”M”さんへ

明けましておめでとうございます。
こちらこそ今年も宜しくお願いいたします。

大東亜戦争は遠い昔にあったことではなく、
祖父たちが若者だった頃の話なんですよね。
ましてや"M"さんの場合はお父様でしょ。

身近な方たちのご体験を聞いてる"M"さんなので
この映画は泣けて仕方なかったのではと察します。

私もいい映画だと思いました。何十年経っても記憶に
残る名作だと思います!!!
  1. 2014/01/04(土) 15:49:10 |
  2. URL |
  3. 紫の豚 #-
  4. [ 編集]

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます 今年もよろしくお願いします おおっ!もう、二回も観られておられるのですね! 大人気で私が観に行った時は 映画館はいっぱいでした 
  1. 2014/01/04(土) 20:24:51 |
  2. URL |
  3. エリザベス #-
  4. [ 編集]

はじめまして

紫の豚様
はじめましてe4eと申します。

永遠の0小説を読みとても感動し、映画も観賞致しました。
私の大叔父が特攻隊だったと聞いていたので愛南町にあるお墓まで車を走らせお墓参りもしてきました。
しかし墓石に書かれていた記録をみると、特攻隊ではなくマリアナ沖海戦で戦死していた零戦搭乗員であった事を知りました。

その後、色々と調べていくうちに愛媛零戦搭乗委員会の存在を知り、このブログにたどりつきました。しかし愛媛零戦搭乗委員会についてはなかなか調べられずにおります。
会に参加されている紫の豚様にお聞きしたいのですが、会への一般参加等はないのでしょうか?

大戦中の歴史に興味を持ち始めたのは最近ですが、これからも勉強していきたいと思います。
よろしくお願いします。


  1. 2014/01/04(土) 20:45:08 |
  2. URL |
  3. e4e #-
  4. [ 編集]

エリザベスさんへ

明けましておめでとうございます。 こちらこそ今年もよろしくお願いします!
いい映画でしたよ! 8年前の「男たちの大和」以来の感動でした。
映像的には「永遠のO」の方が最新の技術だけに上でしたよね! 迫力ありました!!! 
  1. 2014/01/04(土) 21:54:02 |
  2. URL |
  3. 紫の豚 #-
  4. [ 編集]

e4eさんへ

はじめまして。 ご訪問有難うございます。
大叔父様は愛南町ゆかりの零戦搭乗員だったってことでしょうか。

私自身、大変興味があります。 もし宜しければ、いろいろと
詳しい情報をお知らせくださいませ。鍵コメでもメールでもOKです。

私の知識は大したことないのですが、
愛媛零戦搭乗委員会に詳しい方々がおられます。

e4eさんにとって、必ずやご期待にそえる会だと思います。
一般参加OKですよ! 私が事務局の方に推薦させて頂きます。

毎年12月に戦友会的な呑み会やってますが、ネットでは
頻繁に情報のやりとりをしておりますので、いつでも交流できますよ!

まずは私にご連絡くださいませ。 携帯電話番号も記しておきます。
 紫電改展示館 永元一広 090-7629-0329
  1. 2014/01/04(土) 22:16:30 |
  2. URL |
  3. 紫の豚 #-
  4. [ 編集]

私は明日「永遠の0」を観に行って泣く予定です。年末搭乗員の方々と一緒に観させて頂くのは本当に行きたかったです。近い内必ず愛媛にもお邪魔します。
  1. 2014/01/10(金) 23:59:29 |
  2. URL |
  3. BEN #-
  4. [ 編集]

BENさんへ

「永遠の0」観に行かれますかー。バスタオル持って行ったほうがいいですよ!
BENさんなら号泣間違いなし!!! いつか愛媛にお越しになること楽しみにしてます!
  1. 2014/01/11(土) 00:38:49 |
  2. URL |
  3. 紫の豚 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shidenkai343.blog40.fc2.com/tb.php/1455-8495c08e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)