スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

偵察機 「彩雲」の壮烈な最期

偵察機 彩雲

記事の続きですが、昭和20年3月19日の343空 紫電改の松山上空空中戦での
華やかな戦果の陰に偵察機 彩雲 4番機の活躍がありました。
この機には高田少尉を機長に、操縦員 遠藤上飛曹、電信員 影浦上飛曹の3名が搭乗。

彩雲は土佐沖で敵大編隊を発見して第一報を送ったあと、エンジン不調のため帰路に
着きましたが、敵大編隊に追いつかれ空中戦になりました。
単機で応戦したのですが、敵の集中砲火を浴び被弾・・・。

ここを死に場所と覚悟を決めた彩雲は、白煙を吐きながら敵戦闘機に体当たりを敢行、
さらに余勢をかって他の一機にも体当たりして散華しました。

見事に刺し違えた彩雲の壮烈な最期は、当時地上で見ていた感銘を忘れえぬ人々に
よって、昭和49年春 自爆あとに記念碑が建立されました。

愛媛県境に近い高知県 高岡郡 津野町。 『三魂の塔』と名付けられた自然石のその碑は、
四国カルストの天狗高原を背景に、太平洋に向かって今なお巍然と立っております・・・

三魂の塔

  1. 松山上空の大空中戦
  2. TB(1)
  3. CM(4)
<<馬瀬山に咲く平和の桜、陽光桜 | ホーム | 松山沖上空の大空中戦>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/03/19(土) 18:17:44 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます様へ

はじめまして、コメント有難うございます。
また今まで何度もご来館いただき、重ねて有難うございます!
にもかかわらず、まだ一度もお会いできてないことが残念です。

今年の7月24日もプール業務から離れることはできません。
もし事故でもあり責任者が不在だったりすると大変な事態に
なるので、毎年肝心の夏場に紫電改の仕事ができないことが
私にとって大きなストレスです。申し訳ございません。

私のガイドは一般観光客用ですので大した事は喋っておりませんよ(笑)
できましたら余裕のある9~3月の間でお会いできたらと思います。
私は、このブログに投稿してる範囲しか知識はありません。
どちらかというと、お詳しい方々から勉強させていただいてる立場です。
今後とも宜しくお願い致します。

  1. 2016/03/19(土) 19:49:44 |
  2. URL |
  3. 紫の豚 #-
  4. [ 編集]

こんばんは

なんという壮絶な話が…!
華々しい戦闘の影にこうした、表にはあまり出てこない人たちの必死の働きがあったこと、忘れてはいけませんね。
「彩雲」の三人のペア、最後は何を想い散華したのか。それを想うとき胸が詰まります。
  1. 2016/03/20(日) 21:53:46 |
  2. URL |
  3. 見張り員 #-
  4. [ 編集]

見張り員さんへ

おはようございます。彩雲の最期はなんとも言葉がでません。
勇敢に戦ってくださったご英霊に深く感謝です!
  1. 2016/03/21(月) 10:52:50 |
  2. URL |
  3. 紫の豚 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shidenkai343.blog40.fc2.com/tb.php/1507-1d7b189a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/03/21 08:53)

高岡郡津野町エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
  1. 2014/03/21(金) 08:53:53 |
  2. ケノーベル エージェント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。