スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

友人から頼まれた本

友人から頼まれた本

今回の愛媛零戦搭乗員会に参加できなかった熊本の友人から宿題を
預かりました。 この本、どんな場面で使用されたのか? 元搭乗員さん
たちに聞いてほしいということでした。 

会に持参したものの、宴たけなわで紫の豚は酔ってしまい、宴会終了後の
各部屋での二次会には出撃できず、自分の部屋で爆睡しておりました・・・ 

翌朝、これは拙いと慌てて 北沖会長の部屋でお話を聞くことができました。
北沖会長は、元96艦戦の搭乗員。 御年95歳です。 

画像右はタイトルの上に書いてあるとおり、予科練甲飛・乙飛の物理の
教科書のようです。 北沖会長は操練出身で予科練ではありませんが、
内容を見ると同じようなことを習ったそうです。

北沖会長がおっしゃるには、 「 中学出や中学の途中で予科練に入った人
にとっては、さほど難しい内容ではなかったでしょう。 簡単だったと思い
ます。 私は小学校しか出てないので、勉強には苦労した。

消灯時間が来ると部屋は真っ暗になるが、便所だけは灯りがついていた。
夜中に便所でよく勉強したよ。 歩哨がいるので夜中に着込んでると
怪しまれるので、冬は特にきつかった・・・ 」


左の兵器の教科書は、予科練では習わなかったようで、たぶん軍関連の
学校で使用されたものだろうとおっしゃってました。 北沖会長ご自身、兵器
のことは習わなかったそうです。

兵器の本のことが なんかスッキリしないので、帰り間際にホテルロビーに居た
賛助会員のKさんに尋ねました。 研究熱心なKさんならご存知だろうと・・・

Kさんらしい よく解る説明をしていただきました。
航空隊員といってもまだ搭乗員ではなく、航空隊には機銃や爆弾など専門の
兵器学校を出てる隊員がいないので、何らかの理由で搭乗員になり損ねた
立場の方たちがこの本で勉強し、詳しくなってたのではと。
のちに飛行科と整備科に分けたようですが、ややこしい立場だったようです 


  1. ■紫電改を伝えたい!(日記)
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<来年の航空祭は築城に行く! | ホーム | 平成27年 愛媛零戦搭乗員会>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shidenkai343.blog40.fc2.com/tb.php/1687-3fa907ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。