戦友!大和ファンの八十島さん

29日(木)休みをとって、八十島さんと隣の宿毛市に行ってきました。
八十島さんとは9月からのお付き合いで、まだ日が浅いのですが、先のイベント『あいなんからの祈り』のPRで彼には随分お世話になりました。 それ以来、彼は戦友です!

私を連れて行きたい所があるということで、午後1時に待ち合わせて誘われるまま彼の車に乗りました。
車内は「男たちの大和」のサントラ盤がかかってました。 さすが大和ファン!
ところでどこ行くんだ? まさか沖縄か! 沖縄に突っ込むつもりか!(笑)

そんなわけないですよね。 着いたのは、隣の宿毛市の道の駅でした。

  宿毛市道の駅  宿毛市道の駅

彼は自分で大和の看板を作成し、道の駅に置いてもらってるらしい。
「大和」と宿毛市、どういうつながりなんだろう? 答えは ↓

道の駅に置いてある「大和」の看板

2Fの喫茶店で1時間くらい談笑したのですが・・・・・ ここでも ↓

2F大和の写真

宿毛が昔、軍港だったことは知ってましたが、宿毛湾が一望できる道の駅で、海を見てると当時の
情景が浮かび、多分スゴイ光景だったろうなと改めて思いました。

  宿毛湾  宿毛湾

2F喫茶店からの眺めです。 景色のいいとこですよ! 大和の看板のおかげでお客さん増えたそうです(笑)
ここにあと足らないものは? 大和のプラモデルがない! 彼の活動を少しでも支援したいので、
買ったばかりの1/200大和のプラモデル、完成したら寄贈することにしました。・・・作るのは私です(笑)

  宿毛湾  宿毛湾

コーヒー飲みながら当然話題は大和! 「もし私が大金持ちだったら、大和型の客船造るけどね」
「実物大の戦艦、空母、巡洋艦、駆逐艦、潜水艦・・・外観だけで中身は客船、乗ってみたいよね!」

「佐世保、呉、宿毛、横須賀、舞鶴港で定期的にクルージングのイベントして・・・ファンは喜ぶよね!」
「護衛艦もいいんだけど、やっぱり大戦中の軍艦がいいねー」 と彼に話すと・・・

彼は、「そういう冗談が言える人と知り合いになりたかった」 かお
私は本気で話したつもりでしたが、スルーされちゃいました。 がっくり

  宿毛湾  宿毛湾

その昔、この沖に海軍の大小艦艇が停泊してたと思うと、海軍ファンの私には最高の眺めです!
宿毛市は“だるま夕日”で有名なんです。 11月~2月にかけて、この海で巨大な夕日が見られます。

道の駅の駐車場に、8畳くらいの大和の写真入りのデッカイ看板があれば目立つのになーとか、
談笑しながら道の駅をあとにしました。

  宿毛湾  宿毛湾

次に案内されたのが、海軍航空隊(水上機)跡地です。 画像中央にスロープが見えます。
水上機を陸揚げしたスロープだとか。 資料は残ってませんが、山本五十六大将が宿毛に上陸した
逸話があるそうです。 鮎を獲って食されたそうな。

  宿毛基地跡  宿毛基地跡

次に案内されたのが弾薬庫跡です。 草で覆われ、なんかイイ感じですね。

  宿毛基地跡  宿毛基地跡

燃料庫跡です。 階段を上がると・・・コンクリートのトンネル! 爆撃に耐えられるようにしてたのでしょうか。

  宿毛基地跡  宿毛基地跡

魚雷艇の格納庫跡です。 回天、震洋などが配備されてたようです。

  宿毛基地跡  宿毛湾

それにしても八十島さんは詳しい! いろいろ教えてもらって、資料までいただいて、楽しい研修でした(笑)

  宿毛基地跡  宿毛基地跡

それぞれ記念撮影です。 海軍航空隊跡地をあとにし、今度は黒潮鉄道『宿毛駅』に向かいました。

  黒潮鉄道 宿毛駅  黒潮鉄道 宿毛駅

右側画像の左端“だるま夕日”のポスターです。 あんな感じで見られるんですよ! オススメです!

黒潮鉄道 宿毛駅

八十島さんは、宿毛駅内の観光インフォメーションにも、大和のポスターとお手製の資料冊子を
置いてるんですよ。 彼の熱意には脱帽です! 私も見習わんといかんな!

12月には、一緒に呉に遊びに行く予定です。
大和ミュージアムと付近の史跡巡り、護衛艦を楽しんで さらに彼の知り合いに会わせてくれるらしい。 
1泊2日の呉、中身の濃い旅になりそうです(笑)


  1. ■紫電改を伝えたい!(日記)
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<1/48紫電改 鴛淵隊長機製作Ⅰ | ホーム | 『黒い紫電改』 完成>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shidenkai343.blog40.fc2.com/tb.php/228-c4d66bb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)