スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

旧日本海軍局地戦闘機 紫電改

紫電改はゼロ戦に代わる新鋭機として終戦間近に開発され、海軍航空の掉尾を飾る優秀な戦闘機だったと                                                       言われています。太平洋戦争末期において本土防衛のため、宿命を背負ってつくられた『紫電改』は、優秀であったがゆえに一層過酷な任務を与えられ、かけがえのない多くの青春と運命を共にしました。

旧日本海軍局地戦闘機 『紫電改』

太平洋戦争初期において、ゼロ戦は「向かうところ敵なし」の大活躍でアメリカ軍機を圧倒しました。
ところが戦争中盤からアメリカ軍はゼロ戦よりも強力な戦闘機を送り込んできて、圧倒的な物量差も
あり日本は次第に劣勢に立たされました。もうゼロ戦では通用しなくなったわけですね。
日本海軍はゼロ戦に代わる新鋭機の開発を急ぎましたが、技術力の限界もあり、なかなか新鋭機
の開発は進みませんでした。ようやく紫電改が歴史の舞台に登場したのが大戦末期、敗戦色濃くなった
昭和19年12月でした。紫電改は、終戦までわずかな間でしたが日本海軍「最後の戦闘機」として
ふさわしい最強戦闘機の活躍を見せました。

超空の要塞B29との死闘 紫電改
イメージ画像:ハセテックさん

[紫電改データ]
         全長 : 9.34m      
         主翼 :11.99m   
         高さ : 3.96m
         速度(時速) : 620km   
         装備重量 : 4.86t  
         エンジン : 2,000馬力
         武装:20ミリ固定機銃4挺(60kgまたは250kg爆弾2発搭載可能) 
         制作:川西航空機(現・新明和工業) 
         製造:約400機
         配備:昭和19年(1944年)12月~昭和20年(1945年)8月

[特長]  ・「ゼロ戦」を上回る速度、上昇性能、攻撃力、防弾性、防火性
         ・コンパクトでありながら大馬力エンジン(誉エンジン)
         ・自動空戦フラップ(高速機でありながら旋回性能が良い)

※現在「紫電改」は世界に4機、日本ではただ一機残存する。 
        ◆アメリカ・オハイオ州 空軍博物館
        ◆アメリカ・メリーランド州 スミソニアン航空宇宙博物館
        ◆アメリカ・フロリダ州 ネーバル アビエイション ミュージアム
        ◆南レク馬瀬山公園 紫電改展示館の機体
 

  1. 紫電改
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<第343海軍航空隊 剣部隊 | ホーム | 紫電改を伝えたい!あいなんからの祈り・ブログ新規開設!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shidenkai343.blog40.fc2.com/tb.php/3-a1a73fd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。