第1回四国戦争遺跡保存シンポジウム2日目

震洋隊慰霊碑

2日目 5/30は、朝9時から昼12時半頃まで 四国各県の戦争遺跡の調査報告・質問・討議でした。

内容は・・・遺跡調査が主で、目的についてはあまり触れられず、戦争遺跡・・・というタイトルからは
正直ちょっと期待が大きすぎました (苦笑)  やはり私が物事考えすぎなのか?  う~ん 

失礼な表現ですが、文化度がそれほど高くないと思われる(全くの私観です) ものまで、遺跡として
取上げるということは、そこには必ず主催者側の意図(メッセージ) があるはずと思ってましたが・・・
その目的意識 (大義名分) こそが、私の一番勉強したい部分だったのですがー、残念でした。 

平和を願う点においては、ご参加の皆さんと同じだと思うのですが、出発点というか戦争観というか
逆方向から目指してるなと思いました。 個人の立場・価値観・地域性も必ずあると思います。
それぞれの立場から見た戦争観でしかないのかな・・・。

私は読書量は少なく、広範囲にバランス良く戦争を理解しているとは申しませんが、シンポジウム自体
一方側からの見方しかされてない感が印象として残りました。

どれもこれも間違いではない史実だから、絶対に否定はしないし、できません。 
ただ片側からの史実収集という 感じになっていないか、解釈に偏りが出てくるのではと感じました。

「戦争全般を伝える=悲惨さだけを伝える」 ではないですよね。 同じことのように感じますが、
反戦は反戦、歴史認識は歴史認識として、理解できるように持って行くべきではないかと思いました。

当然、これは私個人の意見であり、他を中傷するものではありません。
あらためて戦争遺跡・遺産の扱いの難しさを感じました。 そういう意味では勉強になりました。

紫電改は、戦争の産物でありますし、戦争という重いテーマからは逃れられません。
ですが、紫電改の航空機としての技術的素晴らしさ、本土防衛という重い使命に 命を賭けて戦った
343空の若き搭乗員たちの純粋な心だけは、史実として忠実に伝えていこうと思います。

紫電改展示館は、今までどおり ありのままの史実を展開したらいいのだと思います。
どうであれ、これが紫電改なのですから (笑)  これからは、もう少し肩の力抜いて頑張ります

震洋隊慰霊碑震洋隊慰霊碑震洋隊慰霊碑震洋隊慰霊碑

  1. ■紫電改を伝えたい!(日記)
  2. TB(0)
  3. CM(28)
<<『カレーコロッケ』 | ホーム | 第1回四国戦争遺跡保存シンポジウム1日目>>

コメント

おはようございます。

色々と微妙ですよねぇ。

コチラでの 初日の補足記事は,画像を主体としました。
http://marugamehikoutai.blog129.fc2.com/blog-entry-180.html
今回の 私のレポートは,
読者の方に 見て 感じていただこうと ・・・・・・・。

手抜きではなく,私にとっては,
コメントを文章化することが 難しすぎる題材です。

2日目のシンポジウム は 画像点数も少ないので,
適切なコメントをせねば。(^^;)
  1. 2010/06/02(水) 05:12:20 |
  2. URL |
  3. 丸亀飛好隊 キバシガラス #-
  4. [ 編集]

おはようございます!

その通りですね~。
戦争全般を伝えるのであれば、少なくとも何故始まったか、どう戦ったか…そんなことも伝える必要があるのでは…と思います。
戦争の悲惨さを伝えるっていうのは、一見正しいように聞こえるけれど、そればかりでは偏っているし、戦争は悪という考え方になって、ひいては自分たちの国を守るという意識をなくしてしまいかねないものです。
と、私は思いますよ。
  1. 2010/06/02(水) 06:37:23 |
  2. URL |
  3. 関東佐助 #-
  4. [ 編集]

キバシガラスさんへ

隊長、おはようございます。

記事を拝見させていただきましたよ (笑)

このブログのPRをしていただいて、ありがとうございます。

かなりデリケートな題材ですよね。

ですが、私は自分の信念で記事書きました v-222
  1. 2010/06/02(水) 07:19:05 |
  2. URL |
  3. 撃墜王ナガモト #-
  4. [ 編集]

許可がでたようですので

アップしますね。

自分もナガモトさんの勇気を支持します。

なにかと面倒なことになることから逃げることなく
自分の考えを述べることは大切なことと思います。
  1. 2010/06/02(水) 07:26:55 |
  2. URL |
  3. snowpaper #Ef5G3OlI
  4. [ 編集]

関東佐助さんへ

おはようございます。

人それぞれ体験・価値観などが違うのは理解できますが、

それを伝えるということになると、テーマ(社会性)が大きいほど

バランスには気をつけないと・・・と思いますね v-222
  1. 2010/06/02(水) 07:28:13 |
  2. URL |
  3. 撃墜王ナガモト #-
  4. [ 編集]

おはようございます

 すみません。昨日はご迷惑をおかけしました。不覚ながら、携帯の充電が切れていました。ごめんなさい。
 隊長のお考えはよく分かります。書いておられる事も、ご自身の主張もきちんとされていますし、いいと思います。
 いろいろな考えの方がおられますから、それはOKです。でも、自分の考えは自分の考え。大切なのは、自分でよく考える事だと思います。自分が考えず、人の考えに流されてしまう事は、できれば避けたいですね。
 私にしてみれば、事実は事実、認識とは別だと思います。
 でも、そんな議論も面白いかもしれませんね。
  1. 2010/06/02(水) 07:32:14 |
  2. URL |
  3. 池田 #2Ip19QEI
  4. [ 編集]

snowpaperさんへ

おはようございます。

ご意見ありがとうございます。 「元気」をいただきました (笑)

あとで、画像拝見させていただきますね。 楽しみだー!!!

  1. 2010/06/02(水) 07:32:53 |
  2. URL |
  3. 撃墜王ナガモト #-
  4. [ 編集]

歴史「史実」解釈の難しさ

おはようございます。色々とご苦労様です。歴史学で話題になるようなお話がたくさん出ていて興味深く読ませて頂いてます。歴史「史実」の解釈にはいつも問題が山盛り。誰がどこで何時何故どんな風に(4W1H)などと検討して行きますが、最初からある種の意図が働いている記録もありますし、「歴史は勝者の記録である」と云われる所以でもあります。
  1. 2010/06/02(水) 07:49:17 |
  2. URL |
  3. yokoblueplanet #-
  4. [ 編集]

池田さんへ

おはようございます。
池田さんのご活動は理解してるつもりです。

史実を忠実に残す・・・。 後世のための大事な活動です。
歴史を後世のために書籍等で残していくことは、非常に大事です。
その活動は私も大賛成ですよ!

でも、今回のシンポジウムは事実収集のその先に思想を感じました。
おっしゃるとおり、事実は事実、歴史認識は歴史認識ですが、
持っていき方によっては、思想色の濃いものになります。

  1. 2010/06/02(水) 07:53:41 |
  2. URL |
  3. 撃墜王ナガモト #-
  4. [ 編集]

遺跡としての物質的側面に

第二回目のレポートはボリュームありました。

どうやら今回のシンポジウム自体は、名前の通り?
「戦争遺跡」に終始したようですね。

物質的遺跡の背景にあったモノでは説明のつかない
実情、当時特有のものも含めて日本人の精神性、
心意気そして工業的にも手技的にもその技量の
素晴らしさ等にまで踏み込まれることはなかった
ということになりましょうか?

私は個人的には、どれほど魅力的なモノであっても、
モノそのものだけでは意義を感じられません。

それが生み出された母体の目には見えない部分
にこそあると考えています。

くしくも飛行士であもあったサンテグ・ジュペリの
星の王子様に書いてあるように
「本当に大事なことは目には見えないんだよ」の通りかと。

展示館に鎮座する紫電改も、その目には見えない
大事な部分への一つの大きな入り口であることを感じます。

そこの門番たるナガモトさんの使命は・・・。

プレッシャーを与えてしまってはせっかく、
肩の力を抜いて行こうというナガモトさんに
悪いので、コメントはここまでとして。

共に力まず行きましょう。

  1. 2010/06/02(水) 07:54:16 |
  2. URL |
  3. WATARU WASHITANI #-
  4. [ 編集]

yokoblueplanetさんへ

おはようございます。 貴重なご意見ありがとうございます。
人それぞれお立場があり、私の場合はという意味なのです。

事実(史実)収集は大事な作業ですし、でも あくまで資料として・・・
思想展開の材料にならないで欲しいという私個人の希望です。

この話題は、政治家でも学者でも思想家でも教育者でもない私には
難しいですねー。 
  1. 2010/06/02(水) 08:39:31 |
  2. URL |
  3. 撃墜王ナガモト #-
  4. [ 編集]

鷲谷さんへ

おはようございます。

> そこの門番たるナガモトさんの使命は・・・。

→ 鷲谷さん、話が重すぎ・・・(笑)
  私の仕事は紫電改展示館をフツウに管理運営すること。
  戦争遺産ではあるが、観光地の一つとしてサクッ~と
  地味ながらPRしていくことです。

  コメント欄にだんだん戦火が広がってる時に、ガソリン撒きに
  来ないでくださいよー (笑)
  戦友なら消化活動にご協力ください (爆笑)
  1. 2010/06/02(水) 08:52:50 |
  2. URL |
  3. 撃墜王ナガモト #-
  4. [ 編集]

そうですね

 何でも、大半の事は二つに分れてしまいますから、これは仕方ないんですよ。
 戦跡シンポは戦跡見学と懇親会と発表会のセットで、楽しい事が一番で、次に自分がしている事に役立てる発見があれば、一番の収穫だと思います。
 永元さんは「紫電改展示館の責任者」としてだし、私は「アマチュア地域史研究家」だし、教員だったら「教育にどう生かすか」を考えるでしょうし。立場は色々です。
 だから、それぞれの立場を理解して、交流をすれば、それでいいのだと思います。
  1. 2010/06/02(水) 08:59:17 |
  2. URL |
  3. 池田 #2Ip19QEI
  4. [ 編集]

池田さんへ

う~ん、それぞれのお立場は理解できます。

歴史研究の立場からなら 交流可能でしょうが、

私の立場では、相手の立場は理解できても

思想がある限り交流は無理ですね v-222


  1. 2010/06/02(水) 13:03:33 |
  2. URL |
  3. 撃墜王ナガモト #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/06/02(水) 16:01:31 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます 様へ

私の立場をご理解いただき、ありがとうございます。
  1. 2010/06/02(水) 17:20:27 |
  2. URL |
  3. 撃墜王ナガモト #-
  4. [ 編集]

隊長のご意見になんら異するものではありません
画像を見ると、ありゃX2 店の前を通り過ぎて行っておるではありませんか
  1. 2010/06/02(水) 18:52:15 |
  2. URL |
  3. とさを商店 #-
  4. [ 編集]

日本国は

いろいろな意見が言えるって事だけでも最高です!

相変わらず政界はゴタゴタしてますけど‥
ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…
  1. 2010/06/02(水) 19:46:17 |
  2. URL |
  3. やすろぐ #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/06/02(水) 20:23:36 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

とさを商店さんへ

とさを商店さん、こんばんは。

>ご意見になんら異するものではありません

→ 良かったー! とさをさんの短くて鋭いコメントでやっつけられるのかと
  ドキドキしてました (笑) ホッとしましたよ (爆笑)

> 画像を見ると、ありゃX2 店の前を通り過ぎて行っておるではありませんか

→ そうなんですよー。 とさをさんとこも、野市駅も通りました (笑)
  今度、妻と二人で ちりめんおこげを食べに行かせていただきますね v-222
  1. 2010/06/02(水) 21:39:54 |
  2. URL |
  3. 撃墜王ナガモト #-
  4. [ 編集]

やすろぐさんへ

こんばんは。 やすろぐさんらしいご意見、ありがとうございます (笑)

すみません、笑うとこではないですね。 政界、ゴタゴタしてますねー。

また、デザインカプチーノ楽しみにしていますよ v-222

  1. 2010/06/02(水) 21:52:40 |
  2. URL |
  3. 撃墜王ナガモト #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧出来ます様へ

こんばんは。 お役に立てて良かったです。

もし、不都合がありましたら ご連絡くださいね。

これからもよろしくお願いします v-222
  1. 2010/06/02(水) 21:58:25 |
  2. URL |
  3. 撃墜王ナガモト #-
  4. [ 編集]

お疲れさまでした。
どのような形であれ、何かを学ぼうとする姿勢は
等しく尊敬に値すると私は思っています。

どうであれ、これが紫電改なのですから (笑)>
「うんうん、それが紫電改なんですね(笑)」
と、思わず返してしまいそうです。
そんな感じでゆっくりと続ければ、
知ってもらえる方は増えると思いますし、
実際私が紫電改と343空の事を知ったのは、このブログからです(笑)
  1. 2010/06/02(水) 22:50:47 |
  2. URL |
  3. うなさん #-
  4. [ 編集]

うなさんへ

こんばんは。 元気がでるコメントありがとうございます。

初心を忘れず・・・ 1~2年前の私には迷いはなかった。

紫電改のPRなりふりかまわずって感じでしたね (笑)

今落ち着いたというか、どうPRするべきかなどと、考えすぎでしたね。

> 実際私が紫電改と343空の事を知ったのは、このブログからです(笑)

→ え~、マジっすかー! あらためて、ありがとうございます!!!

  うれしいです。 ボチボチあせらず頑張っていきます v-237
  1. 2010/06/02(水) 23:33:14 |
  2. URL |
  3. 撃墜王ナガモト #-
  4. [ 編集]

このところ、
とっても難しいものを感じたので
コメントせずにいてしまい
申し訳ありません。

でも、これだけは言いたい!!
「ナガモトさん!!かっこいいです!!!」
(外身も中身もですよ(^-^*))
  1. 2010/06/03(木) 01:31:58 |
  2. URL |
  3. かじぺた #-
  4. [ 編集]

私のセンサー鈍く・・・

この場で火がつきつつあるなど、気配を読んでいませんでしたー。

もし、火災がいよいよ、ということで要請いただければ、ダイナマイト投下しませうか
(笑)

確か、一気に周囲の酸素が消失して完全鎮火するはずです。

え、お呼びでない?

お呼びでない?

あー、こりゃまた失礼しました とー。


これで、もう出入り禁ですかー?
  1. 2010/06/03(木) 08:03:49 |
  2. URL |
  3. WATARU WASHITANI #-
  4. [ 編集]

かじべたさんへ

おはようございます。

褒めていただいてありがとうございます。

かじぺたさん、褒めすぎー (笑)

難しい記事2日もアップしてすみません。

確かにコメントしにくいと思います (笑)

私の方こそ、いつも読み逃げばかりですみません。
  1. 2010/06/03(木) 08:18:33 |
  2. URL |
  3. 撃墜王ナガモト #-
  4. [ 編集]

鷲谷さんへ

おはようございます。

> お呼びでない?
> あー、こりゃまた失礼しました とー。
> これで、もう出入り禁ですかー?


→ 何をおっしゃいます、鷲谷 大先生!

  つまらんこと言わんでくださいよ。 鷲谷さんのコメントは必要です!!!

  昨日のコメントは、戦友に甘えての冗談ですから。

  まあ、あの局面では 私としては、コメント重ねても決着を見ないパターン

  なので、鷲谷さんから 「今日、子犬が産まれました!」 とか (笑)

  そういう話題の切り替えを望みたい場面でした (笑)

  もしくは、「この続きは、私のブログでどうぞ!」 とリンクを貼り

  戦場を変え、“鷲谷ワールド” に誘い込むってのもありですね (爆笑)
  1. 2010/06/03(木) 08:38:00 |
  2. URL |
  3. 撃墜王ナガモト #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shidenkai343.blog40.fc2.com/tb.php/542-21d54774
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)