笠井さん、紫のマフラー・ハンカチ秘話

笠井さん

記事タイトルが大げさなので、紫電改ファンはオーッ!と思うかも知れませんが、
あまり期待しないで下さい。 期待すると、あとで必ずガックリきます!
なんだろな? 秘密の話? 悲しい話? どちらかというと 悲しい話かも知れません ・・・

紫電改展示館では、笠井さんからご寄贈いただいた『 紫のマフラー 』 を展示しています。
展示してもう4年になるのですが、ご寄贈後にオリジナル商品を作ろうと思いつき、1年後
「 マフラータオル 」「 紫のニッコリハンカチ 」 を作りました。

オリジナル商品製作といっても簡単なことです。 マフラーに刺繍された文字をマフラータオル、
ハンカチにプリントするだけのシンプルなデザインです。 製作依頼業者との打ち合わせも簡単!
笠井さんから 紫のマフラーといっしょに頂いた ご本人直筆の額があり、額文字でそのまま発注。

数日後、私は気付きました ・・・ マフラーの刺繍文字と額文字が 違ってる! 

 マフラーの刺繍文字 ・・・ ○ ニッコリ 笑 ば必ず墜す      
 笠井さん直筆額文字 ・・・ × ニッコリ 笑 ば必ず撃墜す(おとす)

“ 撃墜す ” は、額用に笠井さんが作られた文字だと分かってましたが、“ 笑えば ” は
ノーマークでした。 本物のマフラーの刺繍文字でないと当然いけません。 
大慌てで業者にTEL!  
「 あのー、先日発注したマフラーとハンカチなんですけどー、印刷かけられましたか? 
  ですよねー、じゃあ納品を楽しみにしてます 」 遅かったぁ~!  

発注前によく確認をしなかった私のミスですが、まさかねー! 本家本元の笠井さんが ・・・

   もう、笠井さん頼んまっせ!  

笠井さんのせいでは当然ないのですが、紫の豚の思い込みというか 痛い失敗でした。
現在は再々、、、発注で文字は正確に訂正されてますが、ちなみにこの失敗作は
完売しております。 ツッコミもなく、ただお買上げいただいた紫電改ファンに感謝です

笠井さんと紫のマフラー笠井さんの直筆紫のマフラーマフラータオル紫のニッコリハンカチ

  1. 笠井智一さん
  2. TB(0)
  3. CM(10)
<<ひや汁定食 | ホーム | 卵焼き定食>>

コメント

おはようございます。

ファーストバージョンは逆にレアものですね!
  1. 2011/11/17(木) 10:16:53 |
  2. URL |
  3. やすろぐ #-
  4. [ 編集]

やすろぐさんへ

おはようございます。 そうですね。
でも中古品でいいから欲しいとの問い合わせは、まだありません v-222
  1. 2011/11/17(木) 11:01:59 |
  2. URL |
  3. 紫の豚 #-
  4. [ 編集]

カッコいいですね

マフラーカッコいいですね。笠井さんにも紫の豚さんにも皆さんまた是非お会いしたいです。年明けイベントあれば必ず参上します。
  1. 2011/11/17(木) 11:07:36 |
  2. URL |
  3. BEN #-
  4. [ 編集]

こんにちは。

以前、「紫電改の六機」の御一人のご遺族から頂いた二本のタオルを
早速、タンスから引っ張り出し開封してみたら一つは”笑え”で
もうひとつは市販のタオル生地に紫電改だけのプリントでした。

どちらも使用することなく、また元のタンスに収まりました。
(肥やしになる前に使いますよ!)
  1. 2011/11/17(木) 11:24:50 |
  2. URL |
  3. 匿名希望 #-
  4. [ 編集]

BENさんへ

こんにちはー。 マフラータオルもハンカチも良く売れますよ!
年明けの関西零戦搭乗員会は、私のところには まだ案内が来てないです。
いつもより案内が遅いような気がしますが、そのうち来るでしょう。
またお会いできることを楽しみにしております v-222
  1. 2011/11/17(木) 13:06:53 |
  2. URL |
  3. 紫の豚 #-
  4. [ 編集]

匿名希望さんへ

こんにちは。 初回失敗作をご所有でしたかー (笑)
紫電改のご遺族様から頂いたタオル、それは大事に保管してくださいね (笑)
失敗者の私としましては、大変申し訳なく思っております i-230

> もうひとつは市販のタオル生地に紫電改だけのプリントでした。

→ すみません。 犯人は私です i-229 あれは駄作でしたねー (笑)
  10年くらい前、まだ紫電改展示館にオリジナル商品がなかった頃ですねー。
  まあ試作段階、あんなモンですよ (笑) あまりにもテキトウ過ぎたと反省してます v-222
  1. 2011/11/17(木) 13:17:18 |
  2. URL |
  3. 紫の豚 #-
  4. [ 編集]

おじゃまします

す・・すごい内容になってますね・・しかし!w それはそれで 私は良いと思います レアになって 私はゲッツしたいと 思うしだいであります(`・ω・´)ゞ
  1. 2011/11/17(木) 19:51:29 |
  2. URL |
  3. エリザベス #-
  4. [ 編集]

エリザベスさんへ

こんばんはー。 笠井さんとの想い出のひとつです (笑)
ご本人を目の前にして、この話 絶対に言えませんが、
ミスが発覚した時は、マジで痛かったです・・・ i-183
私にとって、思い入れの深いオリジナル商品です (笑)
  1. 2011/11/17(木) 20:12:09 |
  2. URL |
  3. 紫の豚 #-
  4. [ 編集]

格好いいなあ♪ にっこり笑えば…命懸けの戦闘の中でも粋な気合いが素敵です。笠井さんなど日本軍の必死の想いと決死の働きで実は占領政策は緩められた一面もあるそうです。戦争に勝って武装解除したとはいえ強くて精悍なサムライが日本には生きている!これは占領側からしてもかなりの心理面での驚異だったようです。今の平和は先人の方々はじめ笠井さんのようなサムライの上に成り立ったんだなあ。 本当に御苦労様でした。いつまでも、いつまでもお元気でいてくださいね。しかし国もこんな方々を感謝をもって顕彰しないといけない!外国にビビる必要ありません…戦士はどこの国でも敬意をもって敬われています。
  1. 2014/05/24(土) 11:26:25 |
  2. URL |
  3. まっこうクジラ #EMCqtbSw
  4. [ 編集]

まっこうクジラさんへ

コメント有難うございます。 おっしゃるとおりだと思います。
ご英霊および復員された方々のおかげで今の戦争のない時代が
キープできてると思います。 国防の気概だけは永遠に持ち続けなければなりません!
  1. 2014/05/24(土) 21:03:17 |
  2. URL |
  3. 紫の豚 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shidenkai343.blog40.fc2.com/tb.php/882-35d7bdea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)