スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

闘牛土俵入り

闘牛土俵入り

ふるさと一本松祭 午後1:30から闘牛が開催されました。あいにく小雨が降っており、
傘をさしての観戦となりました。 ここで簡単に 宇和島地方の闘牛の説明をしますね。

スペインの闘牛のような 「 人 VS 牛 」 ではなく、「 牛 VS 牛 」 の闘いです。
相撲文化の影響からか、直径20mの土俵で角をぶつけ合い、逃げたほうが負けとなります!

闘牛の起源については、鎌倉時代に農民が農耕用の強い牛をつくるために、野原で
角突き合わせをしたのが始まりとする説と、17世紀後半に宇和海を漂流していた
オランダ船を漁民が救助した礼として、2頭の牛が贈られ この牛がたまたま格闘
したことにより始まったとする説があります。

最も盛んだったのが大正末期から昭和初期で、宇和島近辺の村々の山あいには必ず
小さい闘牛場があり、農閑期や祭りには盛大に開催されていたそうです。

闘牛開催での賭博や喧嘩が問題化し、禁止令が出されていたそうですが、それも
つかの間 ・・・、とにかく大人気だったようです。
愛南町では、明治になるとすぐ闘牛禁止令が出されていたそうです。

戦後GHQによって禁止されましたが、その後復活。 ですがレジャーの多様化
により衰退し現在に至ってるって感じです。 今でも年5回くらい開催されてる
みたいですね。 賭け事としてではなく、観光としてですけど (笑)

          闘牛土俵入りのようすです!
        ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

闘牛土俵入り
闘牛土俵入り闘牛土俵入り闘牛土俵入り

       宇和島市の 横綱 仁貴龍 の土俵入りです!

闘牛闘牛闘牛

四万十市の 大横綱 西土佐建設1号 の土俵入りです!

闘牛闘牛闘牛

  1. ■紫電改を伝えたい!(日記)
  2. TB(0)
  3. CM(16)
<<激突! | ホーム | ふるさと一本松祭>>

コメント

おはようございます。

実際に見たら迫力ありすぎてビビリそうです!
仁貴龍はソレらしい名前ですが
西土佐建設1号は‥
ドラゴンボールの人造人間OO号みたいですね。
18号が可愛かったです。
  1. 2011/11/08(火) 10:01:55 |
  2. URL |
  3. やすろぐ #-
  4. [ 編集]

やすろぐさんへ

おはようございます。 迫力ありましたよ!
土俵は、ごっつい竹の柵に囲まれてますが、
思い切りあたったら破られそうです。

> ドラゴンボールの人造人間OO号みたいですね。
> 18号が可愛かったです。


→ ガクッ! 牛主が名前をつけるわけですが
  企業のPRって感じの名前ですね。
  
  1. 2011/11/08(火) 10:34:02 |
  2. URL |
  3. 紫の豚 #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/11/08(火) 13:57:10 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます 様へ

こんにちはー。 近くで見るとデカイですよ!
明日の記事で取り組みを紹介しますね v-222
  1. 2011/11/08(火) 14:07:47 |
  2. URL |
  3. 紫の豚 #-
  4. [ 編集]

こんにちワン

一本松祭は毎年行くのですが、今年は松山行きで行けませんでした
畑一面のコスモスは綺麗ですよね♪
でもなぜか雨が多い気がします…

闘牛は大人になってから、ここで始めて見ました

かぶりつきで見てて、体重って1トン越えてるよね?柵大丈夫ですか?と係の人に聞いたら、突進してきたら倒れるやろな
まぁ大丈夫や!と言われ
後ろに行った、ビビり者です
(;^ω^)

見た時は血も流れて、痛そうで最後まで、見られなかったです
無料で見られるのはすごいですよね
  1. 2011/11/08(火) 14:37:44 |
  2. URL |
  3. いそべえ #6moyDOY6
  4. [ 編集]

いそべえさんへ

こんにちはー。 昨年までは毎年行かれてたんですか。
いいイベントですよね。 広大なコスモス畑に驚きました!

まともに牛が突っ込んで来たら、たぶん柵が壊れますよね。
横柵の間に立ってる杭の所、または一段上の盛土の所で
観戦してました。 無料で観戦できるのは有難いです v-222
  1. 2011/11/08(火) 14:49:20 |
  2. URL |
  3. 紫の豚 #-
  4. [ 編集]

こんにちは。

闘犬なら土佐犬、闘鶏なら軍鶏、更に闘拳なら亀田兄弟と相場が決まっているようですが
闘牛もそれなりの品種の血統なんでしょうか?
昔は、娯楽として賭け事の対象となっていたようで、鹿児島のある離島では闘牛の他に町長選挙まで賭けの対象になっているとか聞いたことがあります。
賭博だの喧嘩などで禁止令を出されちゃ伝統が廃れるじゃないかと思います。
自分も以前は、賭けの対象として頑張ってた時期がありましたから・・・
機会があったら一度生で見たいものです。
  1. 2011/11/08(火) 15:13:22 |
  2. URL |
  3. 匿名希望 #-
  4. [ 編集]

闘牛だあ!!ぶもーーーー!!!

うわーーー!!!
これが、宇和島のあの有名な・・・・・
絵葉書でしか見たこと無かったですよ~~(^0^;)\
すごい迫力の牛さんですね~~!!
建設1号!!!(爆)

和果ちゃんは、怖くなかったかな???
  1. 2011/11/08(火) 16:24:02 |
  2. URL |
  3. かじぺた #-
  4. [ 編集]

匿名希望さんへ

こんにちはー。

> 闘牛もそれなりの品種の血統なんでしょうか?

→ わからないです・・・でも血統はあると思いますよ。

機会があれば、一度は生で観戦する価値は十分ありますよ!
  1. 2011/11/08(火) 16:36:28 |
  2. URL |
  3. 紫の豚 #-
  4. [ 編集]

かじぺたさんへ

こんにちは。 これが宇和島の闘牛です!
宇和島には闘牛グッズがたくさんありますよ。

> 和果ちゃんは、怖くなかったかな???

→ けっこう好きそうでした (笑)
  和果も気性は闘牛みたいなヤツですから (苦笑)
  1. 2011/11/08(火) 16:43:40 |
  2. URL |
  3. 紫の豚 #-
  4. [ 編集]

こんばんは。
すごい迫力ですね。
スペインの闘牛は最後は牛が殺されてしまうのであまり好きではありません。これなら楽しめますね。
  1. 2011/11/08(火) 21:14:27 |
  2. URL |
  3. あかちん #-
  4. [ 編集]

あかちんさんへ

こんばんはー。 楽しめますよ!
正式な大会以外(観光闘牛)は、あまり無理をしないみたいです。
大相撲でいうところの巡業ってやつですよ (笑)

勢子がすぐ引き離しにかかります。 でも最悪の場合、牛の角が
逃げる牛の胴にブスッ!ということもあるみたいですよ。
勢子もセーブが効かなかったら怪我をしますしね。
展開次第ではエグイ取り組みもあるみたいです v-222

  1. 2011/11/08(火) 21:30:24 |
  2. URL |
  3. 紫の豚 #-
  4. [ 編集]

うおー!
迫力あってかっこいいです!
私こう言うの好きです^^
野馬追とか(笑

私は欲深(笑)なので宇和島も
いつか行ってみたいなと思ってます(笑
  1. 2011/11/08(火) 21:40:01 |
  2. URL |
  3. 瀬名 #-
  4. [ 編集]

瀬名さんへ

こんばんはー、こういうのお好きですか。

> 私は欲深(笑)なので宇和島も
> いつか行ってみたいなと思ってます(笑


→ こちらへお越しになる機会があれば、
  紫電改展示館とセットで闘牛もオススメです v-222
  1. 2011/11/08(火) 22:50:50 |
  2. URL |
  3. 紫の豚 #-
  4. [ 編集]

筋肉の張りが

こんばんは。
闘牛の歴史と解説、ありがとうございました!
横綱牛の大きさと筋肉の張り、見事ですね。
はい、牛の角はロデオ大会でもかなりの威力を発揮しますので要注意です。(角の尖端部分は規則で切り落としてあります)
  1. 2011/11/09(水) 02:55:05 |
  2. URL |
  3. yokoblueplanet #-
  4. [ 編集]

yokoblueplanetさんへ

おはようございます。 素人解説ですみません (笑)

> はい、牛の角はロデオ大会でもかなりの威力を発揮しますので要注意です。
(角の尖端部分は規則で切り落としてあります)


→ 以前ブログ記事を拝見いたしました。 あの角であのパワーで・・・危険ですよね!
  1. 2011/11/09(水) 06:38:11 |
  2. URL |
  3. 紫の豚 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shidenkai343.blog40.fc2.com/tb.php/888-38d39f55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。