スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

『ジュンちゃんへ戦争に行った兄さんより』 再読

ジュンちゃんへ戦争に行った兄さんより

以前、記事で紹介した本なのですが、伊藤先生や元偵四の杉野さんとのご縁を感じ、今回
じっくり読み直しました。 また本日、関西零戦搭乗員会で伊藤先生にお会いするからです (笑)

本は、愛媛県西条市出身の零戦搭乗員 松本勝正 飛曹長の予科練入隊の昭和13年から
戦死された昭和19年10月までの間、家族に送り続けた70通もの手紙が紹介されています。

妹思いの兄であり、家族思いであり、当時の人って どうしてこんなにしっかりしてるんだろうと
感心してしまいました。 まだ十代だぜ ・・・。 そして22年5ヶ月という短い人生に涙 ・・・。
予科練から一人前の零戦搭乗員への過程がよくわかる内容です。

感想は以前記事でアップしてるので ・・・。 今回は伊藤先生がこの本に関与された経緯を
詳しくお聞きしたいと思っています。 伊藤先生ご自身の人生観にも興味があります。
関西の会で、お聞きすることができたなら、いつか記事でアップしようと思います    

ジュンちゃんへ戦争に行った兄さんより

  1. ■紫電改を伝えたい!(日記)
  2. TB(0)
  3. CM(8)
<<揚げ焼き | ホーム | 茄子の豚紫蘇巻き>>

コメント

懇意にさせていただいている方が、特小の志願兵で15歳で入隊し、真下からの銃撃で、
かかとから膝に貫通し、必死の思いで帰ったんですが、滑走路手前でガス欠、、、
スットーン  命だけは助かったそうです。

今なお、元気でかくしゃくとして居られます。

いつもありがとうございます。 柳宏
  1. 2012/01/21(土) 07:11:42 |
  2. URL |
  3. 柳宏 #-
  4. [ 編集]

おはようございます。

この様な本は、悲惨な戦争の中で一生懸命生き抜いた
個人の人生が記録された貴重な物ですね。

当時とは比べようもありませんが
今でもしっかりした青年は多いはずです。
戦後復興したように、震災後もいい国に復興したいものです。
  1. 2012/01/21(土) 10:25:30 |
  2. URL |
  3. やすろぐ #-
  4. [ 編集]

僕たちが頑張らなきゃ、、、

こんばんは。
今の時代も戦時に似ているような。。。体験者でない私は本や話から想像力を駆使して再構築するだけですが、今の若い世代も「僕たちがしっかりしなきゃ、頑張らなきゃ」と云っています。
でも家族を分断し世界を混乱に落し入れ、若者の命を奪う戦争は極力避けたいですね。
  1. 2012/01/21(土) 22:11:40 |
  2. URL |
  3. yokoblueplanet #-
  4. [ 編集]

柳宏さんへ

おはようございます。 返信遅くなってすみません。
知人様の貴重な体験話、ありがとうございます。
当時の人のお話は壮烈すぎて・・・凄すぎです!
  1. 2012/01/22(日) 08:49:52 |
  2. URL |
  3. 紫の豚 #-
  4. [ 編集]

やすろぐさんへ

おはようございます。 返信遅くなってすみません。
今朝、関西から帰還いたしました (笑)

> 当時とは比べようもありませんが
> 今でもしっかりした青年は多いはずです。


→ おっしゃるとおりですね。
  今回の零戦搭乗委員会に大学生が参加してましたし、
  昨年の八杉さんの講演会も大学生が・・・嬉しいことです!
  1. 2012/01/22(日) 08:56:03 |
  2. URL |
  3. 紫の豚 #-
  4. [ 編集]

yokoblueplanetさんへ

おはようございます。 おっしゃるとおりです!
国防は考えないといけませんが、侵攻戦争はダメだと思います。
若い世代の方たち、しっかりしてる方おられますよ!

  1. 2012/01/22(日) 09:26:20 |
  2. URL |
  3. 紫の豚 #-
  4. [ 編集]

おじゃまします

私はこの本を読んだことがありません・・買ってこの一冊により いろいろ学ばないといけないと 思っております こちらは文庫本とかもでてるのですかね?ちょっと調べて手にいれようと思っております (`・ω・´)ゞ
  1. 2012/01/22(日) 23:34:16 |
  2. URL |
  3. エリザベス #-
  4. [ 編集]

エリザベスさんへ

おはようございます。 この本は戦記というより家族愛というか・・・
そのまま手紙です。 当時の様子がよくわかる本ですよ!
私は人から頂いたので詳しくわかりませんが、もし良かったらお貸ししますよ。
エリザベスさんが読みたくなったら、遠慮なく言ってくださいね v-222


  1. 2012/01/23(月) 07:39:06 |
  2. URL |
  3. 紫の豚 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://shidenkai343.blog40.fc2.com/tb.php/916-ddf8e24b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。